神戸どうぶつ王国

正月番組で温泉につかるカピパラを見てから「カピバラ可愛いなぁー、モフモフしたいなぁー」と思ってたら、なんと地元神戸にカピバラをもふり放題な場所がありました!それが「神戸どうぶつ王国」 もともと神戸花鳥園でしたが、3年前に神戸どうぶつ王国に名称変更してリニューアルオープン。いわゆるふれあい動物園みたいなとこですが花と鳥だけだった花鳥園の時より楽しさパワーアップしてましたよ♪  料金はこんな感じ...続きを読む >

高熱に苦しんだ日曜日

キンカンパワーでシベロンブロックwwなどと豪語していたがあっさり風邪をひいた。悪化しそうな風邪を「葛根湯」「食う」「寝る」の3つで阻止を図るも、翌日には鼻粘膜までやられてヤバセバビ状態に。痰の味も変わり、風邪の悪化はいよいよ確実なものとなったようだ。動くと全ての関節が痛むが、目の裏側まで痛い。目の裏にも未発見の関節があるのだろうか?関節がない蛸を羨ましく思う。 だが、幸いなことに今日は日曜日。...続きを読む >

寺田屋騒動

佐幕派と尊皇派が攘夷をめぐって争いを繰り広げていた幕末の京都。  薩摩藩士や坂本龍馬が定宿としていた船宿がある伏見は幕末の歴史舞台のひとつでした。 新選組が初めて踏み込んだ池田屋や龍馬が暗殺された近江屋はすでにありませんが唯一現存しているのが伏見にあるこの寺田屋さん。そんな歴史ある宿に1泊6500円で泊まれるというから驚きですが泊まらなくても400円払えば見学可能ということなので昨年春...続きを読む >

ふしぎなせんめんき

浴槽でウ○コするマルがとうとうおしっこも洗面器でしかしなくなりました。 洗面器が増殖したのは膀胱炎で頻尿気味だからですが1こは人間のお風呂用だから水を入れてガード中。ま、猫の水入れを兼ねてですけれど。残りはマルのおしっこ用として浴室に3こ。玄関に1こ配置しています。膀胱炎は秋と冬に2度検査したけどウイルスやストラバイトの心配はないから消炎剤のみを2週間毎に注射していますがなかなか頻尿が治りませ...続きを読む >

あけおめメール

 お年賀な記事を書く時間がなかった為今回は前フリとしてクリスマスと大晦日→元旦にリア友とやり取りしたメールとなりました。夫のコクリコ寺島氏は寺島進に似てるから勝手にそう呼んでるだけで寺島が本名ではありませんが寺島進を3倍に煮詰めたワル顔で山で摘んできたのも事実でございます。そしてメールのお相手はコクリコ寺島氏の奥様Y子さん♪許可とってないけど・・・まあいいや。ここから大晦日。   ...続きを読む >

アフロ仏像

秋色がうっすら残る京都白河。地元の人々に「くろ谷さん」と呼ばれる金戒光明寺(こんかいこうみようじ)は浄土宗が生まれた由緒あるお寺。幕末の混乱期には会津藩の本陣となり新選組が誕生した場所でもあります。ま、新選組といえば屯所となった壬生寺の方がお馴染みですが。 四万坪の境内は訪れる人もまばらで参拝客で賑わう近所の知恩院や平安神宮より時間がゆっくり流れているようでした。そしてこのお寺には「時間が流れす...続きを読む >

やめようなおばはん

「明日からぜったいダイエットするわ!」そう決意して今日は好きなものをたらふく食べるってことあると思うんですけど結局明日になってもやらないじゃないですか。でもたらふく食べたせいで体重だけは増えてるわけでそれはつまりダイエットを決意したから太ったんですよ(キリッ  もう無駄な決意はやめような、おばはん。  数年前、妻に付き合って夜のウォーキングを始めたところ帰り道の屋台で妻が必ずたこ焼きを買う...続きを読む >

あきらめてなおっさん

まだ私が無邪気な仔猫だった頃猫砂で用を足す母猫をみるたびに「ぼくも大きくなったらトイレでちゃんとするから大丈夫」  と思ったものですが・・・大人になって分かったのは全然大丈夫じゃないってことでした(キリッ  ま、そういうことだからあきらめてな、おっさん。  頑なにウンコを浴槽の中でするマル。「今朝はしてないな」と確認後に風呂のスイッチいれて15分後にさあ入りましょう♪とマッパで風呂場...続きを読む >

愛のエビ固め

「正常位をするのは人間だけらしい」「いいや、ボノボもするぞ!」「イルカも正常位だと聞いた気が・・・」飲み会で体位談義に花を咲かせてたらね店のママにドヤ顔で言われちゃったよ。「ザリガニも正常位するわ。飼ってたから知ってるの」って。 スマホで動画見たらまごうことなき正常位にみんな大笑い!ちょいエロどころか 「愛のエビ固め」級の激しさだったんだ。だってオスはハサミでのけぞったメスの両腕を押さえるんだ...続きを読む >

ライオンキング

今頃8月の話で恐縮ですが…お盆の終わりに嵐山で灯ろう流しと五山の送り火を見物してきました。今回はその時とあるブロガーさんへ送った私のコメントです。 ---- ここからコメント -----こんばんわ。灯ろう流しと五山の送り火を見るため今京都にいます。灯ろう流しが始まるのは午後7時。 (1時間半待って最前列ゲット♪)今は渡月橋の川べりで場所取りしてる最中ですが私の真後ろに座ってる女性が30分以上電話中で話が...続きを読む >

またあうひまで

またあうひまで。パパ、今回でブログを一旦お休みするんだって。猫も飼い主も元気ですが周囲の事情がいろいろ変わりまして。落ち着いたらまた再開したいとのことです。…………また、会えるよね?たぶんね。ということで、みなさんしばらくのお別れです。今までありがとうございました。...続きを読む >

下の句かるた

下の句かるた先日、ひょんなことから思い出した木の札かるた。北海道で「かるた」と言えば木札に書かれたコイツのことでした。友人が写メを送ってくれたけどいや~懐かしい。開拓時代は紙が貴重だったから腐るほどある木を使ったのが始まりなんだとか。ふつう百人一首といえば詠み手が上の句を詠んで下の句が書かれた札を取り合いますよね。でも、北海道の百人一首は上の句をなかったことにして「下の句読んで下の句取る」という斜...続きを読む >